2009年07月01日
〜☆ TAKEN&YURIA Wedding Invitation ☆〜


 人がひとりでいるのはよくないと
 
 神様がふたりを結びつけてくださいました。
 
 私たちは、4年前と2年前に
 
 カトリックの洗礼を受け
 
 高円寺教会で出会い
 
 高円寺教会に育てられてきました。
 
 秘蹟となる結婚式ミサに
 
 お立合いくだされば幸いです。



ハニエル・ヨセフ・アウグスティヌス Taken
ジュリア・セシリア・マリア Yuria


【日時:2009年7月18日(土) 11時より】
【場所:カトリック高円寺教会 大聖堂】
    〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-33-32
    TEL:03-3314-5688


主司式:ペトロ晴佐久昌英神父
     ヨセフ吉池好高神父


・平服でお越し下さい。もちろん正装も歓迎致します。
・ノースリーブの方は羽織るものをお持ち下さい。
・ご祝儀はご遠慮させていただきます。
・式後13時半より、聖堂下のマイエホールにて披露パーティーを行います。
 どなたでもご参加ください。


********************************************


すんません。

ならず者のオイラが結婚してしまうことになりやした!

みんなには
この日記をもちまして招待状とさせていただきます。

カトリック教会はみんなの実家とゆーことで
どなたでも結婚式ミサにご参加いただけます♪


・・・てゆーかこいよw


よろぴこ☆


takenより。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

追伸

このブログ見てたら


「さのくん!!!」


コメントくだされ★
posted by Taken at 22:20 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2009年04月16日
おひさしぶりです。

遅くなりやしたが


†††・・・主の御復活おめでとうございます・・・†††


イースターに洗礼を受けたみなさん。

「受洗だけでなく

共同体に確実に交われば(←ココ重要★)

100%人生は変わるとワタシは信じています。」
(2週前のカト新参照)


そして

あけましておめでとうございますヾ(@>▽<@)ノwwww


突然ですが


こないだ婚約式しました☆


もちろんワ・タ・シ・がです。


そして2月に高円寺から出ました。

    
    サョォォ━。゚(゚´Д`●゚)゚。ナラァァ━ッ!!!!


・・・隣の新中野に移っただけですが。


2月から介護士の正社になりましたが

相変わらず顔は(-_-;)なカンジです。


‥‥カタトコシガイタイノヨ


でわでわ、7月の結婚式ミサまで

再び潜伏したいと思います。


「栄光の賛歌が鳴り止まない日々が続きますよーに♪」

アーメン。
posted by Taken at 17:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2008年03月23日
200803221033-小.jpg


主イエズス・キリストの

ご復活おめでとうございます☆


33の新受洗者のみなさま

おめでとうございます☆


‥‥確かに救われましたよ。
posted by Taken at 02:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2008年03月21日
〜ワタシが洗礼を受けた理由(後編)〜



「過去の私は無神論者」

かつてそのようであった塵のような私が
証し云々を記すのは大変おこがましい。


受洗前の20代後半の頃、
私は人生上最も暗い闇の中にいました。
悪い出来事が立て続けに起こり、
今にして思えば現在より遙かに
性格が荒んでいたと思います。

そんな八方塞がりでどうしようもない時、
見るに見かねた母が、

「日曜日に一度、教会でも訪ねてみたら?」

と背中を押し、
クリスチャン・ホームで育ったわけでもなく、
どんな教派があるのかさえ知らなかった私は、
神に引っ張られるかの如く
気が付くと
教会に辿り着いていました。

何故、神は私みたいなものを必要とされたのかは
当然分からないことなのですが、とにかく私は、

「生き方を変えたかった。」

という思いが充満しており、
無論、受洗をためらうことなど有り得ないことでした。


そして、無事、受洗。

それ以来、
少しづつ、

私は変わっていくことになる。


秘蹟に因って天の門が開かれただけでなく
主イエズス・キリストが、

「わたしの言っていることが、なぜわからないのか」

と言われた通り、
人間は見ているようで見ていない、
実に悪に陥りやすい存在であること、
自分を無とし福音に従って生きる、
生かされていることを実感させられました。


実感が確信となり、
やがてこの世の自分自身が変化することを
私は信じます。


「医者を必要とするのは、
丈夫な人ではなく病人である。
わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、
罪人を招くためである。」

と主イエズス・キリストが言われた通り
私は枝の一つとなり、
未だ主に倣うとは程遠い生活を送っておりますが、

「こんな私ですけど‥‥」

という普段着の信仰と福音を、

ひとりでも多くの方々が神の子を自覚し
キリストに連なることが出来るために、
祈りのうちに働き手として必要ならば、

しもべ私は告げ知らせたいのです。



‥‥2008年聖金曜日に記す。
posted by Taken at 10:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2008年01月09日
昨日コンビニいったら


カップ麺が20円あがってた。


いつのまに‥‥


     ( #▼д▼)yー~~フザケンナ!


あのですねぇ

ワタシは月に

30〜40食

カップ麺を食べるのですよぉ。。。


    il||li ○| ̄’|_...il||li キツイ‥‥


「自分のことは自分で守れ」


こりゃ本格的に清貧暮らしだな。


楽しみ♪楽しみ♪


    ヾ((。∀、゜))ノ
posted by Taken at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年12月15日
あなたがたはかつて、
神を知らずに、
もともと神ではない神々に
奴隷として仕えていました。
しかし、今は神を知っている、
いや、むしろ神から知られているのに、
なぜ、あの無力で頼りにならない支配する
諸霊の下に逆戻りし、
もう一度改めて奴隷として
仕えようとしているのですか。


<新約聖書:Galatians 4章8〜9>





永遠の愛であられる神は

ご自分の方へ戻られるよう弱った人々を

教会へ、洗礼へと招かれ

傷と血まみれのココロをなめてくださいました。


そのことに気づかず、未だ

人間だけの力でなんとかなると

錯覚してしまうことは

とても悲しいことです(自戒含)


神不在の人間同士の傷のなめあい、慰めあいは

まるで精製塩を互いに傷に擦り付けあってるかのよう。。。


そしてこのように思っている時でも

洗礼を求めて、疲れきった急病人が

教会に向かって‥‥

蛇行しながら‥‥

主イエズス・キリストと共に歩んでいるのです。




医者を必要とするのは、
丈夫な人ではなく病人である。
わたしが来たのは、
正しい人(Respectable People)を招くためではなく、
罪人(Outcasts)を招くためである。


<新約聖書:マルコによる福音書 2章17>


‥‥今年の日本を表す漢字一文字は「偽」だそうです。

何か変だ。。。Orz
posted by Taken at 00:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年12月06日
(主イエズスは)「忍耐によって、あなたがたは命をかち取りなさい」(ルカ21:19)

と言って、私たちに忍耐するようにすすめています。

「忍耐する」(ヒュポメノ―)は、期待する・しっかり立つ・耐え抜くという意味があり、

「運命がもたらす災いを静かに受容すること」・「体罰による懲らしめを勇気をもって背負う
こと」・「賄賂を堅く拒むこと」等を表し、我慢と違って、力あふれた前向きの姿勢を意味する
そうです。

また忍耐(ヒュポモネ―)という名詞はヒュポ(もとに)とモネオ―(留まる)の合成語で
この言葉は「神のもとに留まる(辛抱強く神を待ち望む)」の意味と「この世のもとに留まる
(この世を耐え忍ぶ)」の意味が合わさった言葉です。

したがって忍耐する人とは

神に絶対的な信頼を持ち、それ故にこの世でどんな困難な状況にあっても、絶望的な
状況にあってもけっして失望することなく、また現実から逃げることなく、いつも希望を
もって乗り越えていく人をさすのです。



〜酒井俊雄神父の説教より〜
■(ソース)カトリック本所教会
http://www.catholic-honjyo-church.org/sermon/04_sisai.html

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


わたしたちのためにadventしてくれる

主イエズス・キリストを思いながら

標題の件を考え、クリスマス(降誕祭)を迎えたいと思いマス☆


・・・時間があれば哲学書でも買って読もーかねw ( ̄ー ̄)ニヤ...

(時期も時期なので、いちおーキリスト教徒らしーことをゆってみた♪)
posted by Taken at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年12月03日
※待降節
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%85%E9%99%8D%E7%AF%80
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

真剣に語りすぎて

普段使わない脳を使いすぎて

いっぱいいっぱいで

自分とゆーものを何もかも失くして

ショート寸前だったけど


岐阜屋の'極辛ラーメン'にがっつく

片割れの微笑ましさと


にぼし粉と高菜を混ぜた

かなり出来の良いキムチ鍋に


やっとホッと出来た

そんな週末でした☆


怒号と号泣のノイズがまるで嘘のよーです。


愛の復権のために・・・


原点を見つめにゆこう♪
posted by Taken at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年11月26日
20071124198.jpg


とゆー言葉にイキそーになりましたので

もみじ狩りを兼ねて

急遽、御嶽に突撃しちゃいました♪


嵐山までは財布の都合上行けませんからね。



「もみじはよかったですか?」


「別に・・・」



結局、秋空の下にはね


あゆしおとビール(日本酒がBest!)さえあれば


「余は満足!」


なのですよぉぉおおおおお!!!!!!!


    v(^O^)v



余談ですが



今の今まで



もみじ狩りって



熊手かなんかで



もみじをかき集める行為かと



ワタシ、思ってました。





・・・マジです。


20071124193-001.jpg
posted by Taken at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年11月22日
らしいデスね♪


互いに分かちあってるかの確認





二人三脚で生きてること


を   


確認できる日になれば


イイですね☆


    ( ^ω^)σ)´∀`*);
posted by Taken at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年10月27日
キリストの医者





愛する人





情け





まず、自分が楽しむ





・・・自己努力による自己救済の否定
posted by Taken at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年10月17日
あなたは


すっかり 


つかれてしまい


生きてることさえ 


いやだと泣いた


こわれたピアノで 想い出の歌

片手でひいては ためいきついた


 時の過ぎゆくままに この身をまかせ

 男と女が ただよいながら 

 堕ちてゆくのも しあわせだよと

 二人つめたい・・・



 からだ合わせる



からだの傷なら なおせるけれど

心のいたでは いやせはしない

小指に食い込む 指輪を見つめ

あなたは昔を 思って泣いた

 
 時の過ぎゆくままに この身をまかせ

 男と女が ただよいながら

 
 もしも


 二人が


 愛せるならば


 窓の景色も


 かわっていくだろう・・・



<「時の過ぎゆくままに」 詩・阿久悠>
※ドラマ・悪魔のようなあいつ Ver.

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


・・・もしも二人が愛せるならば 

          窓の景色もかわっていくだろう・・・






かわっていくだろう・・・


かわっていく・・・


かわる。




今は信仰が試されている時。

posted by Taken at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年10月11日
突然、獲物を得たかのよーに




テレビの中から偶然聞こえてきた

神の声に

真摯に耳を傾けてる。


傷つけあって、
互いに病んでいた時代の大親友に

偶然飲みに誘われて

あの頃とは違う

優しいほんわかな会話に終始することができる。


偶然テーブルの脚に小指をひっかけて

悶絶する。




神はいつもいつも

ワタシたちの中で働いているんだ。



神はいつもいつも

ワタシたちに意味を与えてくださる。




偶然に・ワタシたちが・出会って。
posted by Taken at 15:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年10月08日
「スタ〜トっ!!!」\(^O^)/


再び、走りだそうかと思います。


神、"わたしはある。"


を信じて。




ヘコむ時も多々あるかもしれません。

でも愛と慈しみに生きようかと思います。

嘘臭いけど、今はそう思いたいんです。



皆様、ホントにありがとうございます☆

いつもいつもありがとうございます☆


そして、これからも


迷惑をいっぱいかけるとは思いますが・・・


宜しくお願い申し上げます。



「ミンナガイツモエガオデイラレマスヨウニ♪」

                  草々。


2007年10月8日 

ハニエル・ヨセフ・アウグスティヌスtaken♪
posted by Taken at 17:38 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年10月03日
「おそれる・・・」




「ゆだねる・・・」




「おそれる・・・」




「ゆだねる・・・」




種が撒かれなければ


四つ葉のクローバーの


存在はない。
posted by Taken at 12:15 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年09月29日
私は社会福祉家でもなければ、

慈善事業家でもないのですよ。

私はキリストのためにやっているだけですから。


私は神に捧げた身ですから、

いま私がしていることは

ヒューマニズムでもなんでもないんですよ。



(マザー・テレサ)
posted by Taken at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年09月08日
山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審で、被告の元少年(26)の死刑回避を訴える弁護士への懲戒処分請求が4000件を超える“異常事態”になっている。きっかけは、橋下徹弁護士(大阪弁護士会)のテレビでの呼び掛けとされ、元少年の弁護団のうち4人が橋下弁護士に損害賠償を求め提訴。弁護の在り方をめぐって、刑事とは別の法廷で、弁護士同士が全面対決することになる。


■(ソース)産経新聞
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070908/jkn070908012.htm

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

>>“異常事態”になっている。


異常なのは


件数ではなく


弁護団の方です。
posted by Taken at 23:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年08月15日
だから


今年も靖国でお祈りしました。




先の大戦で亡くなられた方々が、父なる神の中で憩えますように

今も戦の中にある方々にキリストの平和が行き渡りますように

傍若無人な為政者がキリストによって笑顔になれますように
posted by Taken at 12:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年08月09日
広島ん時もだけど

原爆のこと殆んどニュースで触れないのな。


報道しなさ過ぎだろ。

さすがマスゴミ。


ダルビッシュとサエコのデキ婚なんて、どーでもいいから

きちんと原爆報道しなよ。

実験台として日本に原爆が使われたってーのにさ。


・・・とかなんとかゆってるけど

今の日本の平和って

日米同盟のおかげなんだよね・・・

核の傘の下にいるからなんだよね・・・


なんか皮肉だな。




8月9日

本日も空が青いな。

蝉が何事もなかったかのよーに

鳴いてるな。
posted by Taken at 11:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年08月07日
「私はね、この性格って、私の周りが決めたと思っているの。

『アンナは強い』とか

『アンナはロックだね』

って言われることで決まっていったんだって。

だからもちろん、本当はすごく弱いアンナも

かわいい性格のアンナも存在するんだけど、

需要がないわけ。

イメージは気ままに見えるかもしれないけど、

たとえば、もし私が身持ちの軽い女だったら、

今頃こんなにたくさんの男友達、いないっしょ?」


「人には深い話はしても暗い話はしないって決めている。

その方がお酒も美味しいしね。」


「寂しかっただろうから、ギュッと抱き締めて言ってあげたいな。

『あなたは大丈夫なんだよ』

ってね」


(SWITCH/VOL.25 より)




と、土屋アンナ(本名:アンナ・マリー・土屋)

が語っておりました。




ちょっと、

素晴らしいな☆

って、思いました。




・・・たぶん

聖母マリアが

神に祈っていてくれているんでしょうね☆
posted by Taken at 11:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。