2007年08月31日
JP510397.jpg

旅にでます。




あばよ、東京☆
posted by Taken at 23:13 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007年08月27日
●ある焼き鳥屋にて。



頼んだものを40分以上経っても持ってこない。

途中、確認して

「今、聞いてきま〜す(ハァト」

とゆっていた店員は


あ・き・ら・か・に!


聞きにいってないし。

結局、ひきつりながら注文を取り消す

オイラはなんかアホみたいだったし。


「焼き鳥全部"塩"で☆」

と最初にゆった筈なのに

半数以上の焼き鳥が"タレ"まみれ。

しかもマズイ。。。


「焼き鳥はおいしいんだけど、店員がねぇ・・・」

とゆっていた片割れは明らかに仏頂面。


つーか、たいして旨くないし。


ゼンゼン、フォローニナッテナイアルヨ


ある意味貴重な店かもな。

素晴らしい対応を披露してくれるとゆー点では。


     (`へ´)




●ある焼肉屋にて



生ビ 680円!

センマイ 800円!(←これはまだ安いほう)


・・・驚愕である。


量が少なっ!


・・・卒倒である。


芸能人なんかは金に糸目を付けずに

バカバカ頼むんだろな。


●●●とか

●●●とか

●●●とかで


・・・あまり知りたくない世界である。




お店選びは計画的に♪
posted by Taken at 23:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い
2007年08月19日
敏感なんです。



地震に。



こないだ地震があったじゃん。

けっこー揺れてたよねぇ。



仕事場のやつら、誰一人、気付いてなかったぞ。



それにしても震度5弱だって!?

千葉県東方沖、最近連発し過ぎ。


つーか千葉なんて

夏の光化学スモッグ注意報くらい

実は地震が頻繁に起こるトコなのよ、これが。

まいったことに。


子供の頃とかって

しょっちゅう地震が起こってたよーな気がする・・・

千葉県民だったらたぶん8割方

"うんうん"って同意するよな。


中学ん時の

"千葉県東方沖地震"は強烈だった・・・

成田空港のガラスがおもいっきり割れてたし。

地震が起こった途端、

誰の指示もなく、

クラス全員がいっせいに、

机の下にもぐったからね。


避難訓練は何気に偉大ナリね☆


<千葉県東方沖地震:Wikipedia>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E6%9D%B1%E6%96%B9%E6%B2%96%E5%9C%B0%E9%9C%87


「・・・」


そっか!

だから地震に敏感なんだろーなぁ。。。


そりゃ夜、眠ってる時とか揺れまくってれば

トラウマにもなりますわなぁ。。。

今のアパートもおもしろいほど揺れるし。



ま、違う意味でも敏感なんですけど。


     (=_=)


とにかくこんな朝早くに大地震がきたら・・・

パニクること必至やね。


いと恐ろし。。。
posted by Taken at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い
2007年08月15日
だから


今年も靖国でお祈りしました。




先の大戦で亡くなられた方々が、父なる神の中で憩えますように

今も戦の中にある方々にキリストの平和が行き渡りますように

傍若無人な為政者がキリストによって笑顔になれますように
posted by Taken at 12:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年08月09日
広島ん時もだけど

原爆のこと殆んどニュースで触れないのな。


報道しなさ過ぎだろ。

さすがマスゴミ。


ダルビッシュとサエコのデキ婚なんて、どーでもいいから

きちんと原爆報道しなよ。

実験台として日本に原爆が使われたってーのにさ。


・・・とかなんとかゆってるけど

今の日本の平和って

日米同盟のおかげなんだよね・・・

核の傘の下にいるからなんだよね・・・


なんか皮肉だな。




8月9日

本日も空が青いな。

蝉が何事もなかったかのよーに

鳴いてるな。
posted by Taken at 11:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年08月08日
隣りで微笑んでも


微笑み返してくれない


くじけてしまいそうなのに


もう何も残ってないよ


<『後ろ姿』詩・柴田淳>
posted by Taken at 13:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
2007年08月07日
「私はね、この性格って、私の周りが決めたと思っているの。

『アンナは強い』とか

『アンナはロックだね』

って言われることで決まっていったんだって。

だからもちろん、本当はすごく弱いアンナも

かわいい性格のアンナも存在するんだけど、

需要がないわけ。

イメージは気ままに見えるかもしれないけど、

たとえば、もし私が身持ちの軽い女だったら、

今頃こんなにたくさんの男友達、いないっしょ?」


「人には深い話はしても暗い話はしないって決めている。

その方がお酒も美味しいしね。」


「寂しかっただろうから、ギュッと抱き締めて言ってあげたいな。

『あなたは大丈夫なんだよ』

ってね」


(SWITCH/VOL.25 より)




と、土屋アンナ(本名:アンナ・マリー・土屋)

が語っておりました。




ちょっと、

素晴らしいな☆

って、思いました。




・・・たぶん

聖母マリアが

神に祈っていてくれているんでしょうね☆
posted by Taken at 11:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
2007年08月03日
516066566_234.jpg


ローマ──イタリアを代表する映画監督、ミケランジェロ・アン
トニオーニ氏が30日夜、死去した。94歳。ローマ市長などが
31日、明らかにした。イタリアのANSA通信によると、自宅
で亡くなったという。死因は明らかになっていない。



■(ソース)CNN.co.jp
http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200707310029.html

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ジャーマン・スープレックスの・・・

カール・ゴッチ。


聖なる映画作家・・・

イングマール・ベルイマン。


そして、ベルイマンの数時間後に、

イタリアの巨匠・・・

ミケランジェロ・アントニオーニ。


帰天。


次々と巨匠たちが召されてゆく・・・


といっても

アントニオーニってワタシ、よく知らないんです。


『欲望』
(仰向けの女性とカメラマンのポスターで有名なやつね)



『愛の神、エロス』の中の一編


しか観たことがない。

2本とも難解でよーわからんかったなぁ。。。





神よ、死者をあなたの光の中に受け入れてください。

・・・心より哀悼の意を表します。
posted by Taken at 10:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(3) | 映画
2007年08月02日
ついこないだまで

産經でコラムを連載してたのに。。。


突然の訃報に、驚きました。


昭和歌謡の詩の大部分を彼が担っていたと言っても

過言ではないほど

素晴らしい大作詩家の突然の逝去。


彼のような作詩家は

もう現れないのだろうか?



    また逢う日まで

    逢える時まで

    
    (「また逢う日まで」by 阿久悠)



・・・心より哀悼の意を表します。
posted by Taken at 12:46 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
2007年08月01日
「人間は何故生まれてきたのだろう?」


「人間は何故生きているのだろう?」


とか、一度は人間が考える命題なんだろうけど

考えて、考えて、考えてみても

完璧な結論になど


一生たどりつくはずはないんだよ。


それほど人間は空しい存在なんだよ。


だ・か・ら・・・


楽しく生きるしかないんだよ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


人が労苦してみたところで何になろう。

わたしは、神が人の子らにお与えになった務めを見

極めた。神はすべてを時宜にかなうように造り、ま

た、永遠を思う心を人に与えられる。それでもなお、

神のなさる業を始めから終りまで見極めることは許さ

れていない。

わたしは知った

人間にとって最も幸福なのは

  喜び楽しんで一生を送ることだ、と

人だれもが飲み食いし

  その労苦によって満足するのは

神の賜物だ、と。

わたしは知った

すべて神の業は永遠に不変であり

付け加えることも除くことも許されない、と。

神は人間が神を畏れ敬うように定められた。

今あることは既にあったこと

これからあることも既にあったこと。

追いやられたものを、神は尋ね求められる。


【旧約(ヘブライ語)聖書/コヘレトの言葉・3章9〜15】
posted by Taken at 10:49 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | カトリック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。